きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

SMBC日興証券が侮れない件について

f:id:kinngyo92:20211121110521j:plain

大手なめんなよ

こんにちは!
きんぎょです。

きんぎょの主力証券口座はといえば、
SBI証券
・SBIネオモバイル証券
の2つです。

主にSBI証券にて1株ずつ買えるETFをタダで買い付け、SBIネオモバイル証券では1単元が大きいETFや個別株を端株買いしています。

おおむねこの2つの口座で満足してますし、稼働口座を増やすと、資金管理が面倒なのでこれ以上増やしたくありません・・・

kinngyo92.hatenablog.com

ですが、ここで一つ問題が・・・それは
1株が高すぎて、端株買いもできない銘柄があるのです。
いわゆる、値嵩株というものですね。

きんぎょは毎回会社四季報を買って銘柄のチェックを行っていますが、そこでふと気が付いたんですよ。

値嵩株って優良会社多くない?って

例を挙げると・・・

  1. 7974 任天堂・・・約5万
  2. 6273 SMC・・・約7.5万
  3. 6861 キーエンス・・・約7.5万
  4. 4684 オービック・・・約2万

とか、あとは半導体関係でディスコとかいろいろありますが・・・

特にキーエンスとかオービックってやばくないですか?
大体売り上げの半分くらいが利益ですよ?
どうなってるんですかねぇ

とまぁ、これらの優良企業に投資したけど、端株投資したとしても1株5万とかはちょっと高い・・・でも欲しい

そんなニーズに応えるのが、1株ずつの投資ではなく、金額で株を買い付けることができるサービスです。

ズバリ、5万円無くても、「任天堂5000円分ください」っていうことができちゃうんですよ。

そのサービスを展開している、一番有名と思われるのが「PayPay証券」です。
最初は「米国株を好きな金額で買える」ってのがメインだったのですが、日本株にも対応しており、上記のように、任天堂を1000円分買えたりします。

やっぱり、こういう新しい取引はネット系証券だよね!
手数料もさすがにタダじゃないけど、買付け時0.5%、売付け時0.5%ぐらいだったら許容範囲だし・・・

じゃあ早速、きんぎょも念願の超優良値嵩株投資をPayPay証券で始めよう・・・

・・

・・・

ちょっとまってくださいよ

確かにPayPay証券はいいかもしれません。

でもよく調べてみると、もっと条件がいい証券会社があるんですよ・・・

それは、SMBC日興証券

えー?
SMBCなんて大手じゃん、どうせ手数料ガッツリ取られるんでしょ?

いやいや、SMBC日興証券の金額単位取引「キンカブ」は凄いんですよ。

売付け時はPayPay証券と同じ、0.5%の手数料を取られますが、
買付け時には、なんとタダ

凄くないですか?
ネット証券を上回っています。

アプリ等のインターフェースは若干ネット証券に負けるものの、まぁ許容範囲でしょう。

PayPay証券では米国株も取引きできるので、全くの同条件というわけではないですが、日本株だけに限って言えば、金額単位取引で考えるとSMBC日興証券の勝ちでしょう。

きんぎょも上記の4銘柄を、毎週4000円ずつ購入しています。
最近に値上がりしており含み益が10%ほど出ています。

仮に下落しても、優良銘柄なので安心して買い増しできるしね!

 

SMBC日興証券オヌヌメです!

ぼそっ(SMBC日興証券さん、案件お待ちしております(^^)