きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

ETF列伝 1391 UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35) の評価とまとめ

f:id:kinngyo92:20211120201824j:plain

ネスレよこせ~

こんにちは!
きんぎょです。

今回のETFは世にも珍しい、スイス株のETFです。

・1391 UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)

東証に上場しているUBSのJDR型のETFです。
シリーズ化しており、欧州系の指数を採用しているものが何本も上場しています。

その中で、特にきんぎょがオヌヌメしたいのはこのスイス株ETF
なぜって?
それは・・・

・・

・・・

ネスレが買いたいんじゃ~

きんぎょはアメリカの個別株はあんまり興味ないんで、外国口座で買いたいとは思わないんですけど、ネスレは欲しいです。

もし外国口座でネスレを買えるようになったらきんぎょも外国個別株デビューします。
でもスイス株ってどこの証券会社も対応していないんですよね~

一説には野村證券でお得意になって、担当者に頼むと買えるとか買えないとか・・・
でもそんな野村証券でお得意になるまで利用しないし、買えたとしても多分べらぼうな手数料とられるだろうし・・・

また、きんぎょの持っている外国株はMSCIコクサイとかS&P500の一部として保有していますが、そーゆうのって、アップルとかアマゾンとかGAFAMなどの同じようなものばっかりじゃないですか。

分散という意味も含めて、スイス株、特にネスレが欲しいんですよ~

しかも都合のいいことに、こちらのUBS系のETFたちは、決算期が1・7月で貴重なんです。日本株系だとこの時期の決算期のものがあんまりなくて、毎月配当をもらうためには是非ともカバーしたい銘柄。

スイス株は投資信託でも多少はありますが・・・こういう色ものって信託報酬が高いんですよ。でもこのETFは信託報酬0.2%とリーズナブル、ナイスです。

 

さて、東証のホームページに載っている最新のパンフを確認してみましょう。
まずは「MSCIスイス20/35」ってなに?特に20/35の部分

MSCIスイス20/35インデックス」はスイス株式市場の大型・中型株で構成される浮動株調整後時価総額加重平均型の指標です。指標構成銘柄の中でウェイトが最大の銘柄に対して、ウェイトの上限を35%と設定し、その他の銘柄に関しては、ウェイトの上限を20%と設定しています。

分かったような、わかんないような・・・要は最大のものは組み入れ上限35%で、最大以外のものは上限20%ってこと?

お次は構成銘柄です、東証のパンフだと上位5位までしか載ってないけど・・・

ネスレ・・・21.26%
②ロシュ・・・15.82%
③ノバルティス・・・11.97%
④リシュモン・・・3.89%
⑤ABB・・・3.69%

やばー!
上位5銘柄で50%超えてますよ!
ていうか「ネスレ」と「ロシュ」と「ノバルティス」だけでほぼ半分、
偏りすぎぃー!

スイス株はよくわかりませんが・・・上位3銘柄と、スイスのほかの銘柄との実力差はかくもすごいものなんでしょうか?

でもいいよね!
だってネスレが欲しいんだもんね!モーマンタイですよ。

配当利回りもそこまで重視してないけど、
1.32%と、まぁまぁあるし・・・

ちょっとだけ心配なのは下記の点

出来高が少ないこと
②マーケットメイク制度外なこと
③スプレッドが広い日があること
JDR出来高が少ないので、上場廃止(撤退)される可能性があること

特に撤退が嫌ですね~出来高少ないんで・・・
でもこのスイス株は、これでも他のUBSシリーズに比べたらまだましっていうね・・・

 

きんぎょも以前はこのETFを毎週1株ずつ、ちびちび買っていたのですが、お金が無くなってきたのでやめて売ってしまいました。

その後も買いなおそうとしているうちにコロナの回復で爆騰したり、スイスフラン高だったりで、再購入を見合わせています。

スイス株は貴重なので、多少のスプレッドは容認します。
まぁしかし、何百万も買わなければ大丈夫でしょう、20万分くらいは欲しいかな~?

今度何とかショックがきたら買いを検討しています(その時お金があれば・・・)

 

結論

ネスレが買いたいんじゃ~

kinngyo92.hatenablog.com